今日も一日 皆さんが幸せで明るい一日になりますように Uo-ェ-oU ポッ♪





かんたんレシピ




エアープランツが咲きました
エアープランツが咲きました
まいにちの献立 たいへんですよね〜
お料理は理科の実験みたいで楽しいね〜
たまには失敗しますが・・・(*≧m≦*)


トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ


■豆乳
おからの作り方の5番の続きの作業です

6.鍋に残っている白い液体をゆっくりとかき混ぜながら沸騰させれば豆乳の完成です♪鍋底が焦げやすいので注意してね 

【注意】泡は取り除いてください(^-^)ゝ 
    フッ素加工の鍋の方が後の手入れが簡単です 

冷やして(/◎\)ゴクゴクッ・・・ 
添加物をいっさい入れていないのでサラサラ飲みやすいですヨ 


熱々の出来たても美味しいよ 

飲み慣れない人は、砂糖を入れたり慣れるまで工夫すると良いかも 


ちなみに・・・ 
うちのパパさんはコレステロールが下がりました 
美容にも良さそうです(^▽^;) 

私が使っている大豆は北海道産大豆「とよまさり」で、甘くてとてもクリーミーなという品種のよ〜
豆乳

■土鍋で炊飯
《材料》
・米 5合
・水 お米の1.2倍

《作り方》
1.米をとぎ、水加減をし、水に20分くらいつけておきます。


2.火力が弱い方のコンロで、強火で加熱します。

3.沸騰してきたら(蓋の穴から湯気が出てくるのが目安)いちばん弱火にします。

4.弱火にしてから13分で、火を止めます。

5.蓋をしたまま、13分蒸らせば、できあがり。

ヒント:おこげの香ばしさが欲しいときは、最後10秒間だけ強火にします。
土鍋で炊飯

■超危険な即席めんつゆ
激ウマだけど超危険な即席めんつゆ!!(つけ汁)
うどん、そうめん、ひやむぎにピッタリのつけ汁です。

《材料》
・数回使った揚げ油 大さじ3
・お湯 1カップ
・しょうゆ 100t
・味の素 小さじ半分
・卵 1個
・しかりとふたのできる鍋と蓋(捨てても良いような)

《作り方》
1.鍋に油を入れ、煙が出るまで加熱する。

2.火を止め、蓋で身体をよけながら湯を少し注ぎ、即!蓋をする。
大きな音に驚かないように心構えが必要です

3.バチバチという音が止んだら蓋を開け、残りの湯を入れる。

4.味の素、しょうゆを加え、加熱する。

5.ひと煮立ちしたら、溶き卵を流し込み、さっとかき混ぜる。

6.冷蔵庫で、約一週間保存できます。

ヒント:このままの分量で作るとかなり辛口なので、食べるときに水で加減してください。(最初から薄めに作ると、保存が利きません)
激ウマだけど超危険な即席めんつゆ!!(つけ汁)

■大根と人参のなます
★塩もみするから、かさが減って野菜をたくさん食べられます

《材料》
・大根 2/3本 
・人参 1/2本 
・塩、米酢、砂糖

《作り方》
1.大根と人参はそれぞれなます切りにし、塩適宜を振ってもみ、しんなりしたら水気をしぼる。 
出来るだけ水を絞った方が日持ちします。

2.米酢カップ1、砂糖カップ半分の割合でまぜ、1をあえて味がなじむまでおく。 
酢の物が苦手な人はだし汁を加えると良いです。

ゆずの蜂蜜漬けを一緒にあえると香りも良いし手軽に作れます♪
ハチミツが加わる分、お砂糖を控え目にネ
大根と人参のなます

■水ようかん
市販のこしあんを使って簡単に作る水ようかんです。


《材料》
・水……1リットル
・粉寒天……小さじ4
・ねりあん……400g
・砂糖……1〜2カップ
・塩……少々

私は一度にたくさん作ってしまいますが・・・上記の半量で作っても良いかと思います


《作り方》
@鍋に水と粉寒天を入れ、混ぜながら中火にかける。煮立ったら火を弱め1〜2分煮る。

A砂糖、ねりあんを加え、弱火で2〜3分静かにヘラでかき混ぜながら煮る。

B隠し味の塩を入れる。

C鍋ごと冷水につけ、ヘラでかき混ぜながら粗熱を取る。
(寒天は常温でも固まりますが、何度か水を取り換えると早く冷めます。)

D型から外しやすく容器またはバットを水にくぐらせてぬらし、Cを流し込み冷蔵庫で30分ほど冷やしたら出来上がり。

ヒント:砂糖の分量は、ねりあんの甘さで異なるので加減してください。塩は、甘さを引き立てる大切な役割なので注意深く味見をしながらひとつまみ☆(o^-゜)v
水ようかん

■酢大豆
テレビで【知るを楽しむ選 この人この世界 −家森幸男 長寿の謎を解く】の放送を見ました。
研究熱心な家森先生に感心しながら
やはり大豆ね〜と久しぶりに酢大豆を作りました。

左:大豆を弱火のフライパンで20分ほどカラカラと炒って米酢に漬け込みました。
その中にゆず茶(ハチミツ漬けゆず)を適当に入れました。

右:眼に良いと言われる成分アントシアニンが含まれているので・・・
黒豆も炒ってハチミツ入り黒酢に漬け込みましたよ

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの代わりになるだけでなく、血液サラサラ効果があり、男女問わず健康に良いですね♪

残った炒り豆は、お米に混ぜて炊いてみようと思います。
酢大豆

■常備用のタレ
我が家の常備用のタレです。焼き肉、スペアリブ、チャーハン、豚の角煮、餃子など、このタレをベースに調理できます。

流しの下に数ヶ月間 常温で保存出来るので・・・
1〜2リットル作り置きして、色々な料理に使っています。

焼き肉、スペアリブ、チャーハン、豚の角煮、餃子etc. 
隠し味的にも使っています♪ 

いつも同じ味にならないように・・・ 
このタレをベースに、使う時に少しだけ調味料を足して簡単にアレンジできます。

オールスパイスや五香粉を少々入れてもおいしいです☆(o^-゜)v


【材料】
しょうゆ・酒(清酒orワインor老酒etc.)・みりん・にんにく・たまねぎ一個・りんご一個・赤唐辛子・砂糖・コショウ・生姜・ごま一握り・ごま油etc. 
分量は適当です いいかげんです

【作り方】 
ミキサーに材料を入れて、ボタンを押すだけです 

適当な作り方でも・・・香りや風味が深くて 
市販の焼き肉のタレよりも絶対に美味しいです 
          勇気のある方作ってみてね(>▽<;;

子供さんがいる家庭は、赤唐辛子を入れない方がイイかな〜 

保存する容器は、醤油を使い終わったペットボトルです 。

りんごや玉ねぎが多くてボトルの口に詰まりやすいので 
少し広げておくと使いやすいですヨ(^0^ゞ 


このタレさえ有れば。。。一週間の献立は楽勝v(=∩_∩=) ブイブイ!!
常備用のタレ



トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ






★本ホームページに掲載の記事・写真・絵画イラストなど、一切の無断転載を禁じます。ご注意ください。